台湾
台湾ing > 阿里山森林鉄道 > 嘉義駅

阿里山森林鉄道の特徴

森林鉄道の特徴
  1. 世界三大登山鉄道の一つ。
  2. 海抜30メートル(嘉義駅)から海抜2216メートル(阿里山駅)まで運転。最大斜度 6.26%、最小曲線半径40メートルで運転。
  3. 登りでは、機動車(ディーゼル機関車)を最後尾に配置して運転。推し上げる形。
  4. 独立山では、螺旋(スパイラル)状になった線路:三周(約5キロメートル、標高差200メートル)を運転。
  5. 俗称「阿里山碰壁(ありさん ほうへき)」と呼ばれる所では、Z字転換(スイッチバック)方式で運転。スイッチバックは三カ所で行われています。第一分道/第二分道/第三分道。
  6. 阿里山の5大奇景:鉄道、森林雲海日出、晩霞。
嘉義駅 阿里山森林鉄道の特徴
 

 

Copyright © 2005-2016 Taiwaning. all rights reserved.