台湾
台湾ing > 台湾鉄道 > 集集線

集集駅


 集集駅は、日本統治時代の1921年に建てられた木造駅舎(再建)です。1999年9月の台湾中部地震で集集線や駅舎が甚大な破壊を受け、一時は廃線の危機となりましたが現在では見事に復活しています。駅の周囲は多くの観光客でごった返し、結構栄えています。駅横には、集集鉄路文物博覧館があり館内では、集集線の歴史紹介、地震被害の様子、集集村案内、鉄道グッズ販売の売店があります。
 
集集駅(写真:2004年10月16日13時25分撮影)
集集駅
 
集集駅
駅舎の裏側
駅舎の裏側
ホーム
ホーム
鉄道用クレーン車
鉄道用クレーン車
駅前の戦車
駅前の戦車
駅前のシェイ式蒸気機関車
駅前のシェイ式蒸気機関車
集集鉄路文物博覧館
集集鉄路文物博覧館
集集鎮農会
集集鎮農会
集集の街並み
集集の街並み
 

 
サイト内で紹介している集集線の駅
二水駅集集駅車てい駅
ページ先頭(集集線:集集駅)へもどる。
Copyright © 2005-2016 Taiwaning. all rights reserved.