台湾
台湾ing > 台湾鉄道

集集線 観光案内


 集集線は、西部幹線の二水駅から車埕駅(車てい駅)まで約30kmのローカル線(観光路線)です。1日9往復。1999年(民国88年)の921大震災(集集付近に震源を持つ巨大地震であったため、台湾集集大震災とも言う)で壊滅的な被害を受け、廃線の危機にありましたが、日月潭や東埔温泉など有名観光地への足として使え、人気のローカル線だったため2001年2月に復旧されました。集集線の駅の中で一番賑わっている集集車站(集集駅)の駅前にある「集集鉄路文物博覧館」には鉄道資料とあわせて地震の被害写真も展示されています。
 
集集線(写真:2004年10月16日14時32分撮影)
集集線
 
集集線 路線図
集集線 路線図
 
二水駅 台中と嘉義の間にある西部幹線の二水駅が集集線の始発駅です。集集線は、台湾鉄路局が運営する3本の支線の内で最も儲かっている路線(観光客が主体)です。元々は日本統治時代に木材運搬目的に建設された路線です。
 
集集駅 集集駅は、日本統治時代の1921年に建てられた木造駅舎(再建)です。1999年9月の台湾中部地震で集集線や駅舎が甚大な破壊を受け、一時は廃線の危機となりましたが現在では見事に復活しています。
 
車てい駅 車てい駅は、日本統治時代の1921年に建てられた木造駅舎(再建)です。1999年9月の台湾中部地震で集集線や駅舎が甚大な破壊を受け、一時は廃線の危機となりましたが現在では見事に復活しています。
 

 
サイト内で紹介している台湾観光コンテンツ
台湾旅行 情報台湾新幹線ホテル地図台北基隆九フン鶯歌新竹台中鹿港嘉義阿里山台南高雄小琉球宜蘭蘇澳冷泉花蓮台東澎湖島金門島台湾鉄道集集線阿里山森林鉄道国立公園リンク集サイトマップ
ページ先頭(台湾ing:集集線)へもどる。
Copyright © 2005-2016 Taiwaning. all rights reserved.