台湾
台湾ing > 阿里山 > 阿里山森林遊楽区

神木


阿里山森林遊楽区 かつての神木(写真:2004年10月13日8時59分撮影)、阿里山神木遺跡、1906年に日本の技師小笠原富次郎氏が樹齢3000年以上の巨大なタイワンヒノキ(台湾檜)を発見し「阿里山神木」と命名されました。樹齢3000年の巨木でしたが、落雷により幹の内部が燃え、腐敗が進んでおり、1998年6月29日に伐採されました。下記写真が伐採され、阿里山森林鉄道の線路脇に置かれていた2004年当時の神木です。2006年に「二代目神木」が選考され、二代目の神木は「阿里山香林神木」と命名されました。
阿里山森林遊楽区 かつての神木
 
阿里山神木遺跡 地図
 
新港 地図 読み込み中.....
 
この場所に台湾中部の阿里山森林遊楽区にある阿里山神木遺跡の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる可能性があります。
 
阿里山神木遺跡と周辺の観光名所および交通機関
 1. 阿里山森林鉄道 神木駅 / 神木火車站 / Shenmu Train Station:いちおう最寄りの駅、まぁここへくるために途中下車する人は居ないです。阿里山森林遊楽区を歩いて見物したついでに神木の残骸を見物。
 2. 阿里山神木遺跡
 3. 阿里山香林神木
 4. 慈雲寺
 5. 樹霊塔
 

 
阿里山森林遊楽区の名所
姉妹潭受鎮宮樹霊塔三代木象鼻木千歳檜ハート型の根老樹頭神木
ページ先頭(阿里山森林遊楽区:神木)へもどる。
Copyright © 2005-2016 Taiwaning. all rights reserved.