台湾
台湾ing > 台北 > 故宮博物院 > 青銅器

嵌松緑石金属絲犧尊

 嵌松緑石金属絲犧尊(高さ28.5cm、重量5.21kg)は、戦国中期(4世紀)に製作された松緑石の象嵌を施した青銅器です。商代(殷)の象嵌技術は、東周に伝わることで大きく発展しました。象嵌を入れることによって新たな青銅器の流れが生まれました。
 
嵌松緑石金属絲犧尊
 

 

Copyright © 2005-2016 Taiwaning. all rights reserved.