台湾
台湾ing > 台北 > 台湾故事館

展覧館

 切符を買って、改札ゲートのような場所通り台湾故事館の館内に入ります。真正面にお土産屋さん(春露商店)があり、吸い込まれるように入ると案内係のお姉さんが「右側の展示室からどうぞ」と日本語で教えてくれました。
 この展示室では、「生命 土地 我 終戦61 烽火下的記憶 特展」という特別展(2006年9月1日〜2007年2月28日)をしていました。日本統治時代末期の戦時下における様子を紹介した展覧会でした。中国・韓国で見られる戦前の「日本の悪行三昧」を強調した展示でもなく、靖国神社・遊就館の侵略戦争擁護の内容でもなく、中立的で淡々とした事実を並べた展示が印象的でした。ただし従軍慰安婦関連の展示はそれなりに批判的でした。
 私が台湾故事館を訪れた目的は、戦前の古い地図のコピーや風景の絵葉書が販売されているからです。展覧館の脇にそれらの売り場(台湾故事書坊)がありました。「台北古城深度旅遊」という台北市内に残る近代建築物のガイドブックをここで買いました。代金の支払いは、入場券についているクーポン(館内で入場料相当額の飲食・買い物が可能)で支払えるのでお徳でした。
 
特別展「生命 土地 我」のポスター
主催:香蕉新楽園之台湾故事館
協賛:中華民国台湾原日本海外従軍看護婦協会、台湾人日本兵協会、台湾原日本軍人軍属?遺族協会、婦女救援社会福利事業基金会
展覧館
 

 

Copyright © 2005-2016 Taiwaning. all rights reserved.