台湾
台湾ing > 台北 > 故宮博物院 > 陶磁器

清光緒 紫地粉彩花卉盒

清代晩期に内廷で長期間権力を牛耳っていた西太后(慈禧太后)が使用した磁器です。清が最も栄えた時代に流行った琺瑯彩の色調を継承しつつ、それまで無かった地色に紫色を使っていることが特徴です。高さ19.5cm、口径29.5cm
 
実物の写真が無いので、故宮博物院にあったスタンプ「紫地粉彩花卉盒」です。
清光緒 紫地粉彩花卉盒
 

 

Copyright © 2005-2016 Taiwaning. all rights reserved.