台湾
台湾ing > 台北 > 故宮博物院 > 陶磁器

黒陶缶

 黒陶缶(こくとうかん)は、戦国時代に作られた土器です。楕円形の胴体に円筒形の高台と同じく円筒形の首を持った独特な形になっています。黒陶缶は、実用品ではなく神前に供えられた祭器であると考えられています。
 表面の細工は、元々は縦の直弦紋(ちょくげんもん)のみの簡素な文様でしたが、清代の乾隆帝(けんりゅうてい)の時代に直弦紋の間に詩文が刻まれました。
 
黒陶缶
 

 

Copyright © 2005-2016 Taiwaning. all rights reserved.