台湾
台湾新幹線

台湾新幹線 車内

 一編成は、全長304メートルで12両編成となっています。編成中ほどの1両(6号車)がビジネスクラス(商務車廂、日本のグリーン車に相等)となっており、他の11両がスタンダードクラス(標準車廂、日本の普通車に相等)です。一編成の座席数は989席です。車内は全面禁煙です。
 全席指定席(對號座 Reserved)となっています。ただし、車内の表示板を見ると点灯はしていないものの「自由座 Non-Reserved」があるので将来的には自由席が現れるかもしれません。自動券売機にも「非對號座」と書かれたメニュー画面があります。私は指定席を買ったので、いまいち自由席のシステムがわかりませんが在来線のシステムと同じで、基本は「全席指定席」であり非對號座(無座)の切符があれば空席に座って良いのかもしれません。
 ビジネスクラス(商務車廂)は、座席と通路(絨毯)が赤紫色に統一され落ち着いた雰囲気です。各座席にオーディオ(イヤホン、5つのチャンネル)、読書灯、足置き、110V電源コンセントがあります。スタンダードクラス(標準車廂)は、・・・。ここまで書いて疲れました。要するに日本の新幹線と同じです。700系を台湾向けに改良した「700T型」なので漢字表記以外は、新幹線です。詳しい方が見れば違いが判るのでしょうが、私などは車内に入った瞬間「新幹線だー」と口走りました。
 車内販売、ジュースの自動販売機があります。公衆電話もあることになっているようですが、2007年2月に乗車した時は、電話ボックスはありましたが中身はカラでした。
 
普通車
普通車
指定席
指定席
自動ドア
自動ドア
ジュース
ジュースの自動販売機
公衆電話
公衆電話
緊急手動開門把手
緊急手動開門把手
 

 

Copyright © 2005-2016 Taiwaning. all rights reserved.