台湾
台湾ing > 台湾鉄道

平渓線 観光案内


 平渓線(へいけいせん、ピンシー シエン、Pingsi Line)は、東部幹線の三貂嶺駅から菁桐駅まで12.9kmの支線です。なお殆どの列車は、宜蘭線「瑞芳駅」が始発となっています。この平渓線は、日本時代に台陽鉱業株式会社の炭坑線として建設され、1922年(大正11年)7月に部分開業、1923年(大正12年)1月15日に三貂嶺から菁桐坑まで全線開業しました。その後、1929年(昭和4年)7月10日に台湾総督府に買収、同年の1929年10月1日から台湾総督府鉄道部の平渓線として営業を開始しました。終着駅の「菁桐(チントン)」は1931年当事の駅舎が修復を重ねながら、今も使われています。現在炭坑は閉鎖されていますが、台北から1時間程度で行ける気軽さから、十分瀑布を訪れる観光路線として人気があります。
 
平渓線(写真:2004年10月18日9時48分撮影)
平渓線
 
駅名累計キロ所在地備考
三貂嶺駅 / 三貂嶺車站 / Sandiaoling Station0.0新北市瑞芳区宜蘭線へ接続
大華駅 / 大華車站 / Dahua Station3.5新北市平渓区 
十分駅 / 十分車站 / Shifen Station6.4新北市平渓区十分爆布、新平渓煤鉱博物園区
望古駅 / 望古車站 / Wanggu Station8.0新北市平渓区 
嶺脚駅 / 嶺腳車站 / Lingjiao Station10.1新北市平渓区 
平渓駅 / 平溪車站 / Pingxi Station11.1新北市平渓区 
菁桐駅 / 菁桐車站 / Jingtong Station12.9新北市平渓区 
 
平渓線 路線図
平渓線 路線図
 

 
サイト内で紹介している台湾の鉄道コンテンツ
台湾新幹線台湾鉄道(台鉄)、 集集線平渓線内湾線阿里山森林鉄道
ページ先頭(台湾鉄道:平渓線)へもどる。
Copyright © 2005-2016 Taiwaning. all rights reserved.