台湾
台湾ing > 台北 > 故宮博物院 > 玉器

玉鰲魚花挿

 玉鰲魚花挿は、明代に製作された玉製品です。縦になった魚と台座の水紋から、水面から跳ね上がった魚であることがわかります。魚の頭部をよく見ると、2本の角・長い髭・とび出した鼻があり、魚が龍に変化しつつあることが判ります。これは、中国で立身出世の吉兆を意味する「魚躍龍門(魚が龍門に躍り上がる)」をデザインしたものです。
 
玉鰲魚花挿
 

 

Copyright © 2005-2016 Taiwaning. all rights reserved.