台湾
台湾ing > 台北 > 故宮博物院 > 玉器

玉辟邪

 この玉器は、漢代に製作されたもので「玉辟邪」と名付けられています。辟邪は、想像上の動物です。漢字の意味から推測すると、古代の人々が辟邪の法力によって「災いを取り除くことを願った」と考えられています。辟邪は、ほとんどが両翼を持つ四足の形状で、西アジアから伝わったもの推測されています。
 
実物の写真が無いので、お土産に買ったルーペ「玉辟邪」の写真です。
玉辟邪
 

 

Copyright © 2005-2016 Taiwaning. all rights reserved.