台湾
台湾ing > 台北 観光案内 > 台北市の近代建築物

国立台湾博物館(旧 台湾総督府博物館)


 国立台湾博物館(旧 台湾総督府博物館)は、二二八和平公園にあります(公園の北側=台北城内の天后宮の跡地)。ギリシャ様式の建物で、日本統治時代の1915年に建築されました。第4代(1898年2月~1906年4月)台湾総督 児玉源太郎(1852年生~1906年:明治39年没、陸軍軍人)とその民生長官であった後藤新平(1857年生~1929年:昭和4年没、卓越した植民地行政官)を記念した台湾で最初に出来た博物館(児玉総督・後藤民政長官記念館)です。
 日本よる台湾統治開始から第3代総督の時代(樺山資紀、桂太郎、乃木希典)までは強権的な支配で反乱などが多かったのですが、後藤民政長官の進言(恩威並施)により、土地改革、衛生環境の改善、アヘンの根絶対策、学校教育の普及、製糖業・水力発電事業などの産業の育成が行われ、台湾発展の基礎が築かれました。ただし反乱などには徹底した弾圧が加えられました。
 博物館の落成後から、台湾の動植物、先住民族の民俗品、中国・華南地方や南洋の文物を収集・展示してきました。戦後は、国立台湾博物館と改名され現在に至っています。屋外には、蒸気機関車台湾の民間石製器具黄氏節孝坊(三級古蹟、石門)などが展示されています。明石元二郎総督墓地鳥居も博物館の前にあります。
 
国立台湾博物館
 
国定古蹟、内部見学可能、夜間のライトアップあり
竣工:1915年(大正4年)、設計:不明
 
国立台湾博物館 地図
Google Map を利用した国立台湾博物館 地図です。オレンジ色のバルーンアイコンが国立台湾博物館です。インタラクティブ地図のため拡大縮小ができますので、周辺の詳細地図も見ることが出来ます。
 
国立台湾博物館 地図 読み込み中.....
 
この場所に国立台湾博物館の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる可能性があります。
住所:台北市襄陽路2号(二二八和平公園の北側)
行き方:台北地下鉄MRT淡水線台大医院駅」下車。もしくは「台北車站」駅下車し、南へ徒歩10分。
 
国立台湾博物館の写真
ライトアップ
ライトアップ
襄陽路・館前路 交差点
襄陽路・館前路 交差点
館前路から
館前路から
パルテノン神殿
パルテノン神殿
三角ペディメント
三角ペディメント
上空から
上空から
屋根の装飾
屋根の装飾
内部
内部
円形ドーム
円形ドーム
 

 
台北の観光名所
台北101新光摩天大楼台湾故事館総統府中正紀念堂国父紀念館忠烈祠国父史蹟紀念館二二八和平公園故宮博物院国立台湾博物館国立歴史博物館龍山寺孔子廟保安宮台北天后宮西門町華西街夜市陽明山近代建築物台北地下鉄
ページ先頭(台北市:国立台湾博物館)へもどる。
Copyright © 2005-2016 Taiwaning. all rights reserved.