台湾
台湾ing > 台北 観光案内 > 台北の近代建築物

総統府


 台北市重慶南路にある総統府(そうとうふ、中国語繁体字:總統府、英語:ROC Presidential Office)は、真正面に凱達格蘭大通(カイタッケラン大通り)が伸び、裏には博愛路、左手には宝慶路、右手には貴陽路があり、台北駅や若者の町として知られる西門町にも近いです。総統府の建物は日本統治時代に建てられたもので(ルネッサンス様式、1919年竣工)、当時は総督府の庁舎として使われていました。第2次世界大戦の末期には空襲に遭いかなりの損傷を受けたものの、台湾が主権を回復した民国35年(1946年)に再建され、蒋介石元総統の還暦を祝して、「介寿館」と改名されました。中央政府による台湾遷都後は総統府として使用され現在に至っています。
 
総統府
 
 総統府は5階建ての建物となっていますが、中央塔は11階相当の高さ(約60メートル、日本統治時代には一番高い建物)があり、敷地面積は6930平方メートルあります。外観はコンクリートと御影石で飾られ、赤と白のコントラストが華麗で活気ある雰囲気を醸し出しています。1998年には国宝級古跡に指定され、一般公開も始まりました。
 総統府見物だけでは物足りないという人は、総統府の近くにある台湾銀行本店台大医院 旧館(旧台北帝国大学医学部付属医院)、台北賓館(旧台湾総督官邸)、二二八和平公園など楽しめる観光スポットも数々あるので、ぶらついてみると良いです。凱達格蘭大通の先に見える立派なビルは、以前の国民党本部です。
 
 朝夕には、国旗掲揚式があります。掲揚台の前の道路を封鎖して、楽隊と衛兵が行進して来ます。何処かで見たような風景です。そう、北京の天安門広場で毎日やっているのと同じような光景です。北京のは観光客がたくさんいますが、こちらにはあまり観客がいません。代わりに中華民国国旗を振っている政治団体の人が結構います。総統府付近は官庁街であるためか、交差点で旗振り団体をよく見かけます。
 
国定古蹟、夜間のライトアップあり、竣工:1919年(大正15年)、設計者:森山松之助、長野宇平治
公式サイト:中華民国 総統府 紀行(中国語、建物に関する情報)

総統府の地図

総統府の地図
住所:台北市重慶南路一段122号
行き方:台北地下鉄MRT板南線小南門線西門駅」(3番出口)から東へ徒歩5分
 
Google Map を利用した総統府 地図です。オレンジ色のバルーンアイコンが総統府(旧 総督府)です。インタラクティブ地図のため拡大縮小ができますので、周辺の詳細地図も見ることが出来ます。
 
総統府 地図 読み込み中.....
 
この場所に総統府の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる可能性があります。
 
総統府の写真
凱達格蘭大通
凱達格蘭大通からパシャ
中央塔上部
中央塔上部
ライトアップ
ライトアップ
中央塔
中央塔
正面中央部
正面中央部
夕暮れ時
夕暮れ時
角楼
角楼
正面入口
正面入口
背面中央部
背面中央部
 

 
台北の観光名所
台北101新光摩天大楼台湾故事館総統府中正紀念堂国父紀念館忠烈祠国父史蹟紀念館二二八和平公園故宮博物院国立台湾博物館国立歴史博物館龍山寺孔子廟保安宮台北天后宮西門町華西街夜市陽明山近代建築物台北地下鉄
ページ先頭(台北市:総統府)へもどる。
Copyright © 2005-2016 Taiwaning. all rights reserved.