台湾
台湾ing > 台北 観光案内 > 台北の近代建築物

中山堂(旧 台北公会堂)


 中山堂は、1936年(昭和11年)に昭和天皇の即位を記念して建てられた建物(台北公会堂)です。鉄筋コンクリート造りで大ホール、小ホール、レストラン、エレベーターを備えた四階建ての豪華な建物です。この建物の大集会場(現 光復庁)で、1945年10月25日に日本統治時代最後の総督・安藤利吉(第19代総督)と中華民国代表 陳儀(台湾行政長官兼警備総司令)によって降伏式が行われました。
 戦後は接収され、中山堂と改名され国民大会の会場や迎賓館として使用されました。現在は台北市が管理し、音楽会、舞台上演などの文化会館として利用されています。
 
中山堂
 
二級古蹟、ライトアップあり、竣工:1936年(昭和11年)、設計者:井手 薫(台湾総督府営繕課)
公式サイト:台北中山堂

地図

Google Map を利用した中山堂 地図です。オレンジ色のバルーンアイコンが中山堂(旧 台北公会堂)です。インタラクティブ地図のため拡大縮小ができますので、周辺の詳細地図も見ることが出来ます。
 
中山堂 地図 読み込み中.....
 
この場所に中山堂の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる可能性があります。
住所 :台北市中正区延平南路98号
行き方:MRT板南線西門駅(5番出口)」徒歩3分
 
中山堂の写真
正面入口の車寄せ
正面入口の車寄せ
エントランスホール
エントランスホール
正面の3・4階部分
正面の3・4階部分
ライトアップ
ライトアップ
全景
全景
側面後方部の出入り口
側面後方部の出入り口
側面の装飾
側面の装飾
後方部
後方部
中山(孫文)の銅像
中山(孫文)の銅像
 

 
台北 近代建築物
歴史年表メダリオン台北賓館台湾菸酒股份公司監察院総統府台湾鉄路局交通部司法院行政院立法院中山堂合作金庫銀行台湾銀行1台湾銀行2土地銀行1土地銀行2台湾大学医学院台大医院 旧館紅樓劇場国立台湾博物館濟南教会台北當代芸術館台北市身心障礙福利会館台北郵局二二八記念館
ページ先頭(台北近代建築物:中山堂)へもどる。
Copyright © 2005-2016 Taiwaning. all rights reserved.